アンガーマネジメント講座を開催しました!

10月19日月曜日は、日本アンガーマネジメント協会公認ファシリテーターの佐藤泰子さんをお招きし、「アンガーマネジメント講座」を開催しました。

会場後部から見た講座の様子

今回は来館2名、オンライン5名の方にご参加いただきました。

講座では4つのワークをしました。
まず、1つめは「最近自分が怒ったことを思い出して書き出してみること」。
来館の方もオンラインの方も「ご主人のこと」「子どもさんのこと」「買い物時の店員さんのこと」など、それぞれの最近の怒りを発表してくれました。

ワーク1画面共有資料

2つめは自分の怒りを自己診断するワークです。
怒りの特徴に沿って三角形のグラフを作っていきます。怒りの強度・持続性・頻度によって三角形の形が変わってきます。
みなさんどんな三角形ができたのでしょうか?

講座資料ワーク2

3つめは1つめのワーク「最近の怒り」に数字で怒りの温度をつけます。
怒りが湧いた時、まず衝動をコントロールするために6秒待ちます。その間に自分の怒りを数値化すると自分の怒りの強さを認識でき、冷静になれます。

画面共有資料ワーク4

4つめは自分の中に「怒り」が湧いてきた時に気持ちを落ち着かせる言葉(コピーマントラ)を考えるワーク。
これは、カーっとさせるような言葉ではなく、穏やかな、気持ちを落ち着かせるような言葉やおまじないがいいそうです。

アンガーマネジメントとは「怒りの感情で後悔しないこと」
「怒ってはいけない」のではなく、「怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要の無いことは怒らないなること」つまり「怒る」と「怒らない」の線引きを上手にすることと教えていただきました。

なかなかすぐには難しいかもしれませんが、少しづつトレーニングを重ね「怒り」と上手く付き合っていっていただけたらと思います。