阿南ICTママ4期生体験談#01

講座を受けようと思ったきっかけ

私は、子どもが幼稚園に入るまでは自宅でできる仕事をしたいと考えていました。

子どものそばでテレワークをする様子

1歳を過ぎてからは少しずつ1人でできることが増え、自分の時間ができ何か挑戦したいと考えていたときに広報あなんでテレワークの講座があると知り、応募しました。
その講座の中でICTママ養成講座があることを知って、託児サービスもあるということで参加しようと決めました。子どもは保育園などに行ったことがなく、私と短い時間でも離れることが初めてだったので心配しましたが、講座中は阿南ファミリー・サポート・センターの協力もあり楽しそうに過ごしていて安心しました。
時々、大きな声を出して講座中に迷惑になることもあったかと思います。そんなときでも皆さんが優しく見守ってくれていたのでありがたかったです。

パソコン作業が苦手だったのに

前の職場ではインターネット検索とWord、PowerPoint以外でパソコンを使うことがほぼなく、本当にパソコンが苦手でした。今までExcelも大学の講義で習ったくらいでほとんど使ったことがなく、不安しかない状況で家族にやってみたいと相談したときに心配されました。しかし、私がやりたいならと応援しサポートしてくれました。

ついに講座スタート

今回、講座があると知ったとき新型コロナウイルスの影響もあり、少し不安がありました。しかし、毎回検温と消毒、1つの机に2人以上座らない、席にはパーテーションを置くなど、感染症対策を徹底されていたので安心して受講できました。

いざ講座がはじまると、最初は基本的なパソコンの設定やセキュリティ設定の話から始まり、インターネット検索の仕方など色々教えていただきました。
今は様々なアプリやツールがあり便利ですね。テレビで話題になっていたZoomなどのオンライン会議ツールを実際に自分が使う日がくるとは想像していませんでした。使ってみると思っていた以上に簡単で驚きました。途中で自分のパソコンを修理に出すことになり困りましたがレンタルパソコンを借りることができてよかったです。
他己紹介では自己紹介よりも難しく聞く力と理解力、説明力が必要だと思いました。もっと色々なお話を聞きたかったです。

他己紹介のための自己紹介

だんだん内容が本格的になるとHTML?CMS?と頭の中が整理できず難しかったです。HTMLという言葉は聞いたことがありましたが仕組みは分かっていませんでした。
また、今回の講座は聞きなれない言葉も多く覚えることもあり難しいなぁと思いました。しかし、理解できると難しいから楽しいに変換され、やりがいを感じることができました。

段々ついていくのが大変に

WordPressやSHIRASAGI(ホームページを作成するためのシステム)を使っての作業が1番難しく、これから家で1人で仕事ができるのかなと不安になりましたがコーディネーターの方が親切に教えてくれたのでありがたかったです。できなかった所や間違っている箇所は家で時間があるときにパソコンを開いて作業しました。わからないことは調べると復習にもなりました。夫もホームページやサイト作成に興味があり、子どもを寝かしつけた後に一緒になって勉強してくれて感謝しています。実際にタグや見出しを使ってホームページやサイトが完成すると感動しました。

最後の方の講座では取材をして記事にする課題があり、取材は初めてで緊張しましたが、1度プライベートで行ったことがあった場所だったので楽しかったです。私は写真を撮る係だったのでもっとセンスがあればと思いました。取材が終わってから実際に記事にして発表するのは難しく時間制限もあり大変でした。

今の時代だからこそ求められるもの

講座の中で残念だったのは新型コロナウイルスの影響もあり、あまり話をしない方がよいと感じていたので他の受講者たちとお話ができずにいて、もっとお話を聞きたかったと思いました。ソーシャルディスタンスが求められている時期なので仕方ないですが、以前ICTママ養成講座を受けられた方のお話を聞いていると、雰囲気が今とは違うのかなと思い羨ましかったです。

講座の終了後

講座が終わってからありがたいことに、すぐ実際の業務に入ることできました。初めてのことで何もわからない状況でしたが、慣れると時間があるときにコツコツできるようになりました。

仕事や子育て、家事をする上で時間の使い方が大事だと思いました。家で仕事をしているとどうしても子どもが泣いたりするので集中できないときもあります。今、この体験談を書いているときも横で色々話をしてくるのでなかなか集中できませんが時間を有効に使いたいです。
また、テレワーカーとして役立つ講座が月に何回かあるので、子どもを連れて行けるときは積極的に参加したいと思います。

コーディネーターの説明を聞く様子

終わりに

最後の講座でここからがはじまりとコーディネーターの方が仰っていて、なんとなく終わって気が抜けていた所だったので身が引き締まる思いでした。講座の内容を忘れないように定期的に貰ったテキストを見直して勉強し、これからテレワーカーとして頑張りたいです。