テレワーカーとしての経験

伊勢イラスト2014年、徳島新聞の「ICTママ」育成という記事が目にとまり、それに応募し養成講座を受けたことがきっかけでテレワーカーになりました。その後、テレワークコーディネーターになるまでの1年間、在宅で働いていました。

経験した仕事は、自治体ホームページのデータ移行や音声からの文字起こし、紙の資料の電子データ化など、様々でした。

1日の中で仕事をする時間は、当時子どもが幼稚園に通っていたので、お迎えまでの9時半~13時半頃と、夜子どもが寝て家事が一段落ついてからの23時以降などにしていました。

テレワーカーになるまでの人生

大学の4年間は県外に出ていましたが、大学卒業後徳島に戻り、事務の仕事などに就いていました。結婚を機に務めていた会社を辞めましたが、子どもができるまでの何年かは働いたり専業主婦をしたりの暮らしをしていました。妊娠が分かった時はちょうど仕事をしていなかったので、そのまま出産・子育てで6年ほど働くことから遠ざかっていました。子どもとの時間をゆっくり過ごすことはできましたが、「私は社会の中で必要のない人間ではないか」と落ち込んだり、仕事をしている友人達を見て焦りを感じたりしていました。

コーディネーターになったきっかけ

テレワーカーとして久々に仕事をして、6年ぶりにもらったお給料はとても嬉しかったことを覚えています。自分の労働に対して報酬をいただけた事で、人の役に立てた、社会の一員である、ということが実感できました。また、時間を選ばない働き方のおかげで、幼稚園のPTA活動へも積極的に参加することができましたし、子どもが熱を出して休んだ日でも家で仕事を継続することができました。

このような便利な働き方をもっと多くの人に知って欲しい、みんなにも私の感じている充実感を味わってもらいたい、との思いから、テレワークを普及・啓発したり、在宅で働くテレワーカーのサポートをするコーディネーターになりました。

コーディネーターの仕事をしてみて

テレワークコーディネーターは、テレワークを知らない方に働き方の紹介をしたり、テレワークを始めたい方の相談に応じたりします。それ以外にも、仕事をアウトソースしてくださるクライアントの方とテレワーカーの間に入り、業務の管理をします。私が担当した業務は、自治体ホームページのデータ移行や名刺の電子データ化などです。

テレワーカーとは違い、自分のペースや都合だけで仕事をすることが難しくなりました。その分、時間のやりくりが大変になった部分はあります。けれども、何年も仕事をしていなかった女性達が、最初の頃は「ちゃんとできるか不安」と言っていたのが、いくつかの仕事を経験して段々と自信に満ちた表情になっていくのを見ていると、本当に嬉しく、コーディネーターの仕事をしていて良かったと感じます。

テレワークに興味のある皆さまへ

私は、子育てしながらも自分で働く時間の調整ができるテレワークという働き方を経験し、世界が広がりました。自由に調整ができるということは、自己管理がきちんとできなければいけません。決して楽な働き方ではありませんが、そのおかげで自分の生き方を能動的に考えられるようになりました。

正社員で働く、パートで働く、働かない、選択は自由です。それぞれの方が自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことで、幸福感を感じ、社会全体が活気にあふれた明るく前向きな世の中になれば良いなと思っています。

話を聞いてみたいと思われた方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

仲間からの声

坂本2人姉弟の長女A型です。ものすごく真面目です。タスクマネジメントは完璧で抜け目ありません。信頼できます。細かいことは気にしない男前な一面もあります。いつもさりげなく方向性を示してくれて、みんなをまとめてくれます。一見クールですが、心の中にはアツいものを秘めたあったかい人です。悩みを打ち明けると、解決法はないかあらゆる方法を考えてくれます。バックグラウンド伊勢さんです。後ろに伊勢さんがついていると思うと安心できます。上司にしたいナンバー1、ついていかない理由が見つかりません。

藤井上品でおしとやかな雰囲気の伊勢さん、内面は、きめ細やかな気配り上手でいて、男前です。判断力と実行力を兼ね備えていて、それはきっと努力を惜しまないからだと思います。正確さも抜群です。情熱と信念を持って仕事される姿は憧れです。安心して話せるし、とても丁寧に聞いてくれます。こんな上司に恵まれた自分は幸せだなと思わせてくれる方です。ツボに入った時の笑い声がかわいいという一面もあります。

お気軽にお問い合わせください。0884-24-800910:00-15:00 [ 月・水・金(祝日・年末年始を除く)]

お問い合わせはこちら