テレワーカーとしての経験

坂本イラスト私は、2016年5月に新聞記事を見て「阿南働き方ワークショップ」に参加し、その後に開催されたICTママ養成講座を受講、7月よりテレワーカーとして働き始めました。そこからおよそ半年間在宅での仕事を経験しました。
経験した仕事は、自治体ホームページのデータ移行やはがきのデザイン作成など、これまで経験したことのないものばかりでした。

テレワーカーになるまでの人生

県外の大学に4年間通い、大学卒業後通信会社の営業や事務などの仕事に就いておりましたが、出産を機に務めていた会社を辞めました。
子どもが小さい間は家で育てたい気持ちが強く、子どもが2歳になるまでは特に働くことは考えていませんでしたが、子どもが2歳を過ぎたころから自分の再就職についても考えないといけないと思うようになりました。

コーディネーターになったきっかけ

テレワークという働き方のおかげで、子どもを家で育てている私でもお仕事をすることができました。そのことを周りの友達に言っても「パソコン詳しくないし…」「パートに行く方が気楽」など消極的な意見が多く、テレワークの認知度はまだまだ低いと感じています。
そんな中、自分の住む阿南市でテレワーク普及推進の施設ができるということを聞き、是非携わらせていただきたいと思いました。その施設で地元に根ざした活動がしたいと思い、コーディネーターになりました。

コーディネーターの仕事をしてみて

ICTママの時は自分の仕事中心で考えられたので余裕をもって取り組めましたが、コーディネーターは全体を見て動きを決めないといけないので難しいことが多いです。そんな時は先輩コーディネーターの指導を受けながら日々勉強しています。
また、あなんテレワーク推進センターでは毎月「ままなんステップデイ」というイベントをしていますが、人に伝える難しさを感じています。ここがわかりづらかったから次回はこうしてみようと毎回試行錯誤しながら取り組んでいます。イベント参加後のアンケートで「分かりやすくて良かった」「また来たいと思う」と言っていただけた時は本当にうれしいです。

テレワークに興味のある皆さまへ

テレワークというと難しそうと思われるかもしれませんが、まずは軽い感覚でイベントに参加してもらえたらいいなと思います。
人それぞれ得意なこと、不得意なことは違うと思います。自分が何とも思っていない特技が仕事につながることもあります。
あなんテレワーク推進センターに集まる皆さんで新しい働き方を作っていきましょう。

仲間からの声

伊勢イラスト幼稚園に通うお子さんがいらっしゃるママ。彼女は「ひらめき」と「突破力」の人です。イベント企画の相談をすると、スラスラと斬新なアイデアが出てきます。普段から色んな事にアンテナを張っていて、最新の情報は彼女に聞けば大抵の事は分かります。また、思い立ってからの行動力の早さはピカイチで、たまに突っ走ってしまいそうになるけれど、そこも彼女の魅力(笑)。先回りして動いてくれるので本当に助かっています。言動はサバサバしていますが、さりげない気配りやその場の空気を楽しい雰囲気にしてくれるところなど、可愛いママ坂本さんの強みだと思います。

藤井きれいな髪が素敵な坂本さん、フレッシュな発想力とスピード感がまぶしいです。行動力があり、潔さがあり、迷いなく進む姿にあこがれます。仕事をサクサク進めながら、温かい観察力もあります。つまずいている人にさりげなく手を差し伸べたり声をかけたりできる一面を持ち合わせているので、私は甘えっぱなしです。方向感覚抜群で地図が読めるところがかっこいいです。アネゴ肌の頼れる存在です。

お気軽にお問い合わせください。0884-24-800910:00-15:00 [ 月・水・金(祝日・年末年始を除く)]

お問い合わせはこちら