テレワーカーとしての経験

多田全身

2016年、阿南でのワークショップに参加しましたが、小さい子供が3人いたのでできるかどうか迷っていました。2017年に阿南にテレワーク推進センターができたこと、3人目の子も2歳になり少し育児が楽になったことで、やってみようと思いました。

養成講座受講後は、テレワーカーとして自治体のサイト移行やコラムのライティング、問題集作成などを一年間経験しました。午前中は子供と公園などで思い切り遊び、昼寝をさせている間や、夜早めに寝かしつけて時間を作って仕事をしていました。夜泣きで中断することや子供と一緒に寝落ちすることもよくありましたが、早く寝たら早く起きて明け方にする等、その時の状況に合わせて仕事の時間を決められたことが良かったと思います。

テレワーカーになるまでの人生

生まれも育ちも、就職も九州でしたが、夫の仕事の都合で徳島にきました。その時に仕事を辞めて専業主婦になったものの、いつかまた働きたいという思いがあり、ブランクも心配でいつも再就職を考えていました。子供が3人おり、夫婦とも近くに両親や親戚がいない中で働くことは困難…そんな時に出会ったのがテレワークです。子育ても家事も仕事も、どれも譲れないという気持ちがあったと思います。

コーディネーターになったきっかけ

テレワーカーとして仕事をしてみて、自分のスキルや経験の少なさを実感しました。もっと色々な業務を経験してみたいと思ったことと、私と同じように初心者から始めたテレワーカーがもっとスキルアップしていくためにはどんなことができるか考えていたことから、コーディネーターの道を選びました。

コーディネーターの仕事をしてみて

わかっていたつもりでも人にうまく伝えられずもどかしく感じることや、理解が足りなかったのだと反省することが多くありますが、深く学べるいい機会です。これまでの経験に囚われず色々なことにチャレンジできる環境なので、毎日が新鮮で、充実しています。

阿南は、私と同様に移住や転勤で来られた方が多いことに気づきました。知らない土地で働くことはとても大変だと思います。また、子育て中であれば子供との時間を大切にしたいという気持ちもある一方で、自分の生き方についても考えることがあります。働くことを迷っている方の、社会に一歩踏み出すお手伝いができれば嬉しいです。

テレワークに興味のある皆さまへ

時間があまりない、スキルや経験がない、と考えているかもしれません。テレワークは、今の自分に合わせて仕事のレベルや量を調整して、少しずつステップアップすることができる働き方です。

何から始めればいいかわからないし一人で始めるのは心配ですが、テレワークに関する相談や同じように興味を持たれている方々との交流ができる場としてテレワークひろばがあります。イベントの参加は勿論、牛岐城趾公園への観光や子供とのお散歩の際でも気軽に遊びに来てくださいね。

仲間からの声

伊勢イラスト3人のお子さんがいらっしゃるママ。彼女の「情報収集力」と「分析力」はピカイチです。何か良いツールを相談すれば、あっという間にリサーチして、その中からベストと思われるものを提案してくれます。落ち着いているので一見クールにも見えますが、向上心が高く様々な事にチャレンジしています。そのためか、新しい事に対する飲み込みの早さは抜群です。子どもに接する姿勢はとても大らかで、彼女と子ども達の周りにはゆったりとした空気が流れています。

藤井スタイルに合う着こなしをするオシャレな多田さん、チャレンジを、ワクワク楽しんだり、成長するチャンスだと喜んだりできる人です。情報収集が上手で、わからないことはすぐに調べる勉強家でもあります。ふだんから慌てず焦らず落ち着いているのですが、ときおり内に秘めた熱い心をのぞかせるときがあり、そのギャップも魅力です。お子さんたちを愛情たっぷりに育てている3児のママで、魚をさばくというカッコいい一面もあります。

お気軽にお問い合わせください。0884-24-800910:00-15:00 [ 月・水・金(祝日・年末年始を除く)]

お問い合わせはこちら