第3回ワークショップ「あなんの女性の新しい働き方へ」開催

今年度最後、第3回目のワークショップを開催しました。

ご参加いただいた3名の方で自己紹介をしてウォーミングアップした後、阿南市としての取り組み、テレワークについての概要説明やICTママの実績紹介など、インプットの時間をもちました。

阿南市の事業説明 テレワークについての説明

その後のアウトプットの時間では、「私がテレワークをするとしたら」をテーマに、実際に在宅で働くことを想像して、なぜテレワークをしたいと思うのかや、今まで経験してきたことや特技、収入のこと、不安なことなど思ったことを付せんに書き出して、みんなで共有しました。文字にしたりみんなの話を聞いたりする事で、それぞれの「ライフスタイルに合わせて働く」を一緒に考えました。

ワークショップの説明 模造紙に貼られた付箋

現在子育て中の方、子どもさんが生まれたばかりの方、これから出産をひかえている方、近い年代の方が集まっていたので、先輩ママから育児についてのアドバイスをする、なんて光景も見られました。

ワークショップの後では、再びインプットの時間。子どもの体調不良で出勤することができなくなったスタッフと急遽オンラインで自宅とつなぎ、ママテレワーカーの体験談を話してもらいました。これぞ!テレワーク、をリアルに感じていただけたのではないかと思います。

オンラインでつないでいる様子 説明を聞く参加者

今年度はこれが最後のワークショップですが、ライフスタイルに合わせた働き方(テレワーク)への関心の高さを感じました。今後も、多様な働き方を望んでいる方々のサポートをしてまいります。