阿南ICTママ2期生体験談#01

テレワークを始めようと思ったきっかけは広報を見たのと、母から以前よりテレワークについて話を聞いていたことでした。
ある時「阿南にテレワークセンターができるみたいだよ。ワークショップもあるから行ってみたら?」と話してくれたのが始まりでした。
最初はテレワークってなんだろう?と思いながら参加するのに腰が重たい状態。テレワークと聞いて正直なところ最初は電話の仕事?と思っていました。

緊張しながら2016年に開催されたワークショップに参加。当日はたくさんの方が参加をしていて、私は子供を連れての参加だったのですが、同じように子供さんを連れて参加をしていた方や他にもたくさんの方が参加をしていました。
チルドリン徳島のテレワークコーディネーターの方からテレワークについて、働き方や実際のお仕事の話を聞いたり、参加された方たちと話をしたりし発表し合いました。人前でしゃべるのがあまり得意ではない私は、発表のときも緊張してあっという間の時間だったのを覚えています。

養成講座の説明会

私はこれまでの職種は接客業だったのでパソコンには縁遠く、できたとしても簡単な文字入力くらいしかできない状況。お話をきいているうちに自分では無理だろうなという思いが強かったのですが「初心者からスタートした人がほとんどだよ。」「難しく考えなくていいから大丈夫!」と温かい言葉をいただきやってみようと思いました。

テレワークセンター徳島でもお話を聞いていて一足先に徳島のセンターでICTママの養成講座が開講されるときだったのですが日程等、都合がつかずあなんテレワーク推進センターの開設、そして養成講座の開講まで待つことにしました。

あなんテレワーク推進センターが開設され子供を連れてイベントには何回か参加をし、たくさんの方と交流することができました。1期の養成講座が開講されるとのことで受講しよかどうかギリギリまで悩み、コーディネーターの方にも相談したりしたのですが都合上、1期は受講せず2期の養成講座を受講することに。養成講座を申し込み開講されるまでは不安でいっぱいでした。

いよいよ養成講座が開講です。
ICTママとしてお仕事で必要なことや仕事で使う用語や操作などの専門的なことなど初めて聞くことばかりでした。私は理解するのが遅く、覚えることもたくさんあって毎回ついていくのに必死で頭もパンク寸前でしたが、自分で調べたり、わからないことがあるとコーディネーターの方が分かりやすく教えくれたり、一緒に受講をした皆さんと教え合ったり支え合いながら受講することができ、とても心強く頑張ることができました。子供も母に預けることができ、母のおかげで最後まで受講できた事も感謝の気持ちでいっぱいです。

養成講座10月19日の様子

無事に講座も終え、初めてのお仕事がWebサイトのデータ移行の作業でした。講座で習ったはずなのに、戸惑いながらの作業、講座を思い出しながらノートや資料を読み返しながらの作業でしたがコーディネーターの方がチェックをして間違っているところはやさしくわかりやすく教えていただき、修正をして乗り切ることができました。初めて報酬を頂いたときは子供にプレゼントをしました。とても喜んでくれたのを覚えています。こんな仕事をしてみませんか?とお話が来るのですが都合上どうしても無理なときが多く、お仕事をした数は少ないのですが、できるときは積極的に参加をしていきたいと思っています。

これからテレワークをやってみようかなと思っている方へ。
私の知り合いにもやってみたいなという方が増えてきています。私自身、働きたいけど子供が小さいうちは病気もかかりやすいし、迎えに行く時間も早く、フルタイムで働くにはどうしても厳しいものがあると思っていて、子供が小さいうちは一緒にいてあげたい気持ちも大きかったときにテレワークに出会い、こういう働き方もあることを知りました。子供を見ながら自宅で仕事ができる、メンバーで共有しチームで仕事をしたりすることも多いです。子供が寝た後や家事などの合間など、自分の空いた時間を有効に使って仕事に集中できますし、チームで助け合いながら仕事ができます。わからないときはコーディネーターの方やチームの皆さんと質問し合ったりでき、とても心強いので大丈夫です。今回、養成講座に参加をして1つ前に進むことができたのかなと思っています。

春からは子供が幼稚園に通うので少し時間にも余裕ができます(2019年3月現在)。私自身まだまだ未熟なので学ぶこともたくさんあります。不安もありますがいろんなことにチャレンジして吸収していけたらと思っています。あなんテレワーク推進センターではイベントもたくさん開催しています。コーディネーターの方もICTママの皆さんも素敵な方ばかりです。

一緒にテレワークで働いてみませんか?一度、あなんテレワーク推進センターに遊びにきてみてください。お待ちしています。